※Miotcraftでは、Modを入れて現実世界とゲームの世界を繋ぐため、本来はマルチサーバーもJava版で作る必要があります。
こちらでは、Miotcraft関係なく、完全にただの遊びの為に行った作業です。

複数人でMinecraftをやりたくて、マルチサーバーを立ててみました。

こちらの条件としては
・移動中もクラフトしたいので、PE(携帯)からもアクセスしたい。
・プレイ撮影もしたいので、PCからもアクセスしたい。
・社会人なので、そんなに毎日入らない。Realmsはそう考えると高い。
・自鯖専用PC買うのも高い

となると、選択肢は自然とVPSに。

Realmsを選ばずVPSを使うことで生じる弊害はSwitchからのアクセスができなくなることだけ。
(SwitchはIPからアクセスして入ることができないらしい。)
Switchからのアクセスが出来ないのは痛いですが、Realms借りるくらいなら…致し方なし。

VPSはUbuntuが入りさえすれば何でもよかったのですが、ここでもやはり月額定額かけるほど常時使うわけではない気がしたので、従量課金制のもので。
AWSは登録済みだったので、AWSを使うことにしました。

が、AWS+Bedrock版を解説しているサイトがなかったので、自分で試行錯誤。
こちらに健忘録を残しておきます。

AWSにMinecraftサーバー作成

下記サイトを参考にしました。
このサイトではJava版の構築を行っていますが、これをBedrock版にアレンジします。

違いは、OS選択でUbuntuを選ぶことと、Teratermでのログイン名が「ubuntu」になることくらいです。
ログインしてからは、完全に異なりますのでご注意。

これでAWSのUbuntuにログインできました。

MinecraftサーバーにMinecraftの世界をDL

公式から、UBUNTU用サーバーソフトウェアをDLします。

あとはずっとUbuntu上の操作です。
引き続きTeratermから操作していきます。

DLしてきたZipファイルをUbuntuにアップロードします。
Teratermの「ファイル」→「SSH SCP」を選択してください。

FromにDLしたZipファイルを指定して、「Send」を押下します。

これでルートにzipファイルがアップロードされます。(lsコマンドで確認してもよいでしょう。)
まっさらなUbuntuにはzip解凍ソフトもないので、解凍ソフトをDLします。

$ sudo apt install unzip

早速解凍します。
解凍過程がガーっと出てくれば成功です。
下記コマンドは、バージョンの数字をご自身がDLしたものに合わせてください。

$ unzip bedrock-server-1.13.0.34.zip

あとは、サーバーソフトをDLした時に一緒に入っていたマニュアル通りに起動コマンドを打てばOK

$ LD_LIBRARY_PATH=. ./bedrock_server

あとは色々なワールドの設定ができるようですが(クリエイティブかサバイバルかなど)、それは後日色々試してみたいと思います。
下記ブログを参考にどうぞ。

他の端末からMinecraftサーバーにアクセス

作ったMinecraftサーバーにアクセスします。
例としてスマホのマイクラPEからの接続です。

ゲームをスタートしたら「サーバー」タブを開きます。
「サーバーを追加」を選択してください。

サーバー名:好きな名前
サーバーアドレス:AWSで設定したIPv4のアドレスです。
ポート:デフォルトの19132のままでOKです。
「保存」を押下してください。

サーバーで遊ぶためには、Microsoftアカウントが必要です。
ログイン画面になるので、ログインするか、新規作成してください。

ログインが完了すると、「外部サーバーに接続中」と出て、接続されるとワールドに入ることが出来るようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です